断酒例会とは
断酒のすすめ
家族の方へ
相談窓口
ディスクロージャー
図書案内
躍進する全断連
断酒宣言の日
ひとくち講座
自殺問題と断酒会
関連リンク
 
HOME
 
 
 
あなたは、自分の飲酒問題で悩んでいませんか。
酒が原因で体調を崩しているのに、
酒を止めることも、節酒もできないで悩んではいませんか。
前夜の記憶がすっぽ抜け、不安を感じていませんか。
友人や職場の人に注意されていませんか。
子供の目を恐れてはいませんか。
離婚話がでたことはありませんか。
 
もしそうだったら、あなたはアルコール依存症になっているのかもしれません。
このように言うと、あなたは、おれ(私)はアルコール依存症になるような駄目な人間ではない、 と猛反発すると思いますが、それはあなたがこの病気を誤解しているからなのです。

アルコール依存症は酒を飲む人なら男女を問わず誰でもかかる可能性のあるごく普通の病気なのです。推定患者数は全国で82万人です。恥ずかしがるような特別な病気ではありません。気軽に、最寄の断酒会を見学して見ませんか。あなたと同じ悩みを解決し、酒のない楽しいライフスタイルをつくった会員たちが、あなたを暖かく迎えてくれます。
 
 
いつもお酒を飲んで運転する夫(妻・子供)に
怯えていませんか。
一家が崩壊するのではないかと心配で
胸がつぶれそうになっていませんか。
飲酒運転の再犯者の40%は依存症の
疑いありといわれています。
 
copyright (c) 2002-2012 公益社団法人 全日本断酒連盟 All rights reserved.